入院診療
ホーム > 入院診療 > 精神科作業療法について

精神科作業療法について

精神科作業療法について

精神科作業療法とは、具体的・現実的な作業活動を利用し、「よりよい生活」を送れるよう支援する精神科リハビリテーションのひとつです。
当院の作業療法では場を共有しながらも他者との交流を義務づけられることのないパラレルな場の機能を用いた個人活動と、集団の中での動きを利用し治療を行う集団活動とがあります。

これら個人活動と集団活動を、作業療法士と患者さんがよく話し合い、それぞれの回復に合わせたプログラムを作成し、治療を行っていきます。
具体的な活動としては、患者さんの幅広い年齢やニーズに応えられるよう、手工芸、創作活動、体操、音楽(映画)鑑賞、カラオケ、卓球、ゲーム、学習ドリル、レクレーションなど様々な活動を提供しております。

・自室でいてもすることがない 
・生活のリズムが乱れてしまう
・人付き合いが苦手 
・自信が無い 
・やる気が無い 
・話をするのが苦手 等々
1人で悩みを抱えていませんか?私達スタッフと一緒に考えていきましょう。

住所:大阪府泉佐野市市場西3-9-28
TEL:072-462-8321(代)  FAX:072-464-3551
E-mail:contact@kansana.jp
※ 休診日:日曜日、祝日、12/30〜1/3

詳細アクセスマップはこちら
診療についての詳細はこちら