診療科目
ホーム > 診療科目 > 禁煙外来

禁煙外来

禁煙外来とは

禁煙の為の治療を行っている内科、呼吸器科等喫煙に関係した分野の診療科目を設けている病院・医院のことです。 重度のニコチン依存症の場合、治療は保険の適応範囲となります。 自費で治療を行う場合でも、初回で7000円〜8000円、2度目からは5000円未満で受診できます。

実際の治療はどのようなことを行うかと申しますと、次のような流れになります。

治療の条件の確認

・禁煙の意思があること
・ニコチン依存症であること
・1日の喫煙本数に喫煙年数をかけたものが200本以上になること
・治療を受けることに同意すること。

以上が保険診療の範囲となります。

喫煙状況の把握

質問によりニコチン依存度の計測を行います。


・治療
身長・体重・血圧の測定
・診察
呼吸中の一酸化炭素濃度の測定
・禁煙のアドバイス
ニコチン製剤(ニコチンガムやニコチンパット)の処方


そして治療を初回、2週間後、4週間後、8週間後、12週間後と一定の期間で行うことにより、その時の状況に応じたサポートが行えます。

禁煙外来のメリット

自分一人だけで行う禁煙と比べ、禁煙外来での治療は多くのメリットがあります。

・禁煙をする理由を明確に
ただ健康になるというだけではなく、医師の診察により現在の身体の状況を把握し、喫煙がどのような影響を与えているのか、そしてこれから与えられる影響を確認することで、はっきりとした禁煙の動機付けができます。

・ニコチン代替療法
ニコチンガムとニコチンパッチによってニコチン摂取量を徐々に減らしていく方法です。
禁断症状の軽減が望まれ、無理なく禁煙ができます。

・再喫煙の誘惑におけるアドバイス
禁煙による禁断症状が出てくると、ついつい煙草に手をのばしてしまいそうになります。
そんな時どのように対処すればいいのか。知識と経験による的確なアドバイスが受けられます。

・禁煙の効果の自覚
禁煙することで、どのような効果がもたされているのかを自覚するには医師による診断が一番確実です。
定期的な治療は、正常な状態を取り戻しつつある体の状態を確認することができます。
はっきりとした禁煙の動機付けができます。

住所:大阪府泉佐野市市場西3-9-28
TEL:072-462-8321(代)  FAX:072-464-3551
E-mail:contact@kansana.jp
※ 休診日:日曜日、祝日、12/30〜1/3

詳細アクセスマップはこちら
診療についての詳細はこちら